消耗品のメンテナンスはしっかりと

マウンテンバイクを構成するパーツには実に様々な種類のものがあります。
ハンドル周り、駆動系、タイヤ系、ブレーキ系、変速機系、ワイヤー系・・・細分化していくともっとあります。
そんなパーツの中に、「消耗パーツ」と呼ばれるものがあります。
文字通り、マウンテンバイクを使い込んだり、年月が経つにつれて徐々に消耗していくパーツのことですね。
当然それらのパーツにはそれぞれにある程度の交換の目安というものがあります。
では、いくつかピックアップしてみましょう。
以下の状態になったら速やかに交換するようにしましょうね。

まず、タイヤはサイドやトレッドが硬化してヒビ割れを起こしていたり、ブロックが減って、欠けが目立つようになってしまうとそれは交換時期がきたということですね。
チェーンは、シフトが重くなりスムーズに入らない、プレートの捩れや傷が原因で歯飛びが起こっているとアウトです。
また、プレートの開きやピンのズレが目立ち、新品と比較して10リンクで長さにして2.5ミリ以上伸びていると交換が必要です。
ブレーキシューは、ブロックの溝が確認できないくらい磨耗しているようではいけませんし、 減り方が片寄っている場合も交換しましょう。

この他にもワイヤー類、リム、スポック、ハブ、チューブなど異常がみられた場合は速やかに新品に交換することをおススメします。
常にパーツ類も万全な状態にしておいて充実したマウンテンバイクライフを送りたいものですね。


燃費向上グッズ


同じカテゴリー(機能)の記事
 高価であるほど軽い (2009-10-22 22:45)
 スタンドはNG (2009-10-16 07:19)
 大切な泥よけ (2009-10-09 23:44)
 折りたためれば便利? (2009-09-30 08:23)

2009年11月04日 Posted byhiroya at 12:30 │Comments(0)機能

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。